スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
By 山田 真哉

評判どおり、わかりやすくも実感に基づいた平易な文章なので、会計素人の自分の目線で「ふむふむ」と読める。
この人のほかの会計本も読みたくなった。
ということで、入門書としては完璧な一冊。
(値段も安いし。新書の本領発揮といったところか)

以下、印象に残った言葉のメモ。
・「教科書は、魅力的であってもらいたい。魅力的になるのは、知識と学問のもっとも明朗で近づきやすい面を出して見せるときに限るのだ」(P7 ゲーテの言葉)
・「「同じくらいの価値があるモノ(現金や商品・サービス)同士を交換する」というあたりまえの原則を無視すると、商売はうまくいかない」(P52)
スポンサーサイト

プロ論。

プロ論。
プロ論。
By B-ing編集部

短いインタビューがたくさん載っている本。
意図的なのか結果なのか、どの人も言っていることはかなり似通っている。
「組織に頼らず、自分を頼れるように1つのものを信じて磨け」というところだろうか。
就職活動生にちょうどいい本。今の自分にはもうちょっと古い感じかな。

印象に残った言葉のメモ。
・「(ベンチャーは)大企業がマネをしにくい仕掛けや参入障壁をつくる必要がある。これが、本当のビジネスモデルなんだ。」(P36 BY堀紘一)
・「ジャーナリズムは、人の命を守り、権利を守るためにこそ存在していると思うのです。」(P76 BY小谷真生子)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。