スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ITにお金を使うのは、もうおやめなさい

ITにお金を使うのは、もうおやめなさい ハーバード・ビジネススクール・プレス
ITにお金を使うのは、もうおやめなさい ハーバード・ビジネススクール・プレス
By 清川 幸美、ニコラス・G・カー 他


1年以上前に話題になった、「IT doesn't matter」。そこで起きた議論への反論を加えた上でまとめたもの。

翻訳本としてはめずらしく、最初から最後まで中身が詰まってる。翻訳も綺麗で読みやすい。IT系の翻訳ものとしてはひさびさに完璧な1冊。

以下、印象に残った言葉。
・(ITとは)「情報をデジタルの形で保存、処理、伝達する目的で使われるあらゆる技術」(P12)
・「ITが一般的なビジネス・インフラに組み込まれるにしたがって、(中略)企業の成功は、攻撃よりも防御にかかっているのだ」(P29)
・「ビジネス・インフラが変化する時には、企業が戦略を誤る危険性が増す」(P29)
・「人の交流が進めば、結果として商品の交換も容易になる。それにつれて、あらつる商品の値段が下がることだろう」(P35.Rob Walker)
・「インフラ技術では、単独利用による価値よりも共有による価値の方がはるかに高い」(P37)
・(ソフトウェアは)「高い開発コストをできるだけ多くのユーザーに負担させることで、コストの回収を目指す(中略)ソフトウェアは『コモディティになりたがっている』のだ」(P67)
・「ソフトウェアは実態のない商品のため、いくら使っても傷むことがない。決して壊れないのだ。したがって、通常の買い替えサイクルがない。顧客に再びプログラムを買わせるには、『アップグレード』で従来のものより良いプログラムを作るほかない」(P75)
・「技術の使い方がどれほどユニークであっても、必ずすぐに模倣される。本当に難しいのは、投資を十分に回収できるまで優位に立ち続けることである。技術面の優位を『てこ』にして、それよりも長続きする『規模』や『ブランドイメージ』の優位性を打ち立てるまで、技術面の優位を持ち続けることが重要なのである」(P107)
・「バブルの崩壊は、『新しいインフラが整ったこと』と、『新しい技術を使った物事の進め方が「常識」になったこと』を意味している」(P117)
・「企業が成功を収める上で必要なのは、短い間しか効果の続かない競争力を足場に、新しい優位性を追求しながらも、企業戦略においてライバルと一線を画するような地位を確立・保護するように努めることである」(P131)
・「業務が複雑であるほど、複雑な情報システムが必要になるのだ」(P168)
・(生産性の成長に関して)「『決定的な触媒』の役目を果たしたのは(ITではなく)『競争の激化』だった」(P185)
・「生産性の上昇率が経済成長率を上回れば、(中略)寒々とした経済状況が繰り広げられる可能性がある。雇用ストックの縮小が始まることで、失業率が上昇するかもしれない」(P186)
スポンサーサイト

ひとつ上のプレゼン。

ひとつ上のプレゼン。
ひとつ上のプレゼン。
By 眞木 準

姉妹本の「ひとつ上のアイディア」に比べると弱い。
アイディアが無から生み出すものであるのに対して、プレゼンはあるものをよりよく見せる・伝えるものだからだろう。

以下、印象に残った言葉。
・「『この仕事が成功すれば幸せになれる』という幻想。(中略)『もっといい結果が生まれるに違いない』という幻想も抱いてもらう」(P31.大島征夫)
・「広告のプレゼントは、相手の想像力にスイッチを入れて、完成物を思い描いてもらう時間」(P39.岡康道)
・「『プレゼンが迫ってきたらやることはひとつしかない。直前までもっといい企画はないのか考えることだ』」(P41.同上)
・「本当にプレゼンがうまい人は、必ずといっていいほど、この『覚悟』を持っています」(P59.中島信也)
・「取り繕っても仕方がなく、開き直って自分をさらけ出すしかない」(P63.同上)
・「関係としては相対していても、ホントは手をつないで同じ方向に歩いていくほうがいい」(P81.佐々木宏)
・「特別なエリートとして育てられ、世界のどこの舞台に立っても物怖じしない人」(P102.杉山恒太郎)
・「うまいと感じるものはとてもわかりやすい。いっていることのすべてが腑に落ちていく。そうだそうだと納得しながら進んでいく。そういう心地よさがある」(P163.岩崎俊一)
・「すっと文章に引きこまれ、語られていることがいちいち腑に落ち、生理的にキモチのいい納得の積み重ねがあり、なおかつ簡潔で、全体として人間の『幸せになりたい』という願望と呼応している」(P171.同上)
・「企画書では、日常つきあっているやさしい言葉しか使わない、ということも大切です」(P173.同上)

ひとつ上のアイディア。

ひとつ上のアイディア。
ひとつ上のアイディア。
By 眞木 準

基本的にこういう広告クリエイター本って大好き。
建築家の人への聞き方にはもうちょっと別の方法があるよなーとか、眞木さんのコメントは余計、とか思うけど、20人のうち15人くらいは参考になったのでかなりいい打率。

とりあえず、
・とにかく書け
・考え抜け
・自分の生活感覚を信じろ
・とことん勉強しろ、そして真似ろ
というあたりを実践したいと思いますです。

以下、印象にのこった言葉。
・「自分が過去に読んだ本のなかに、その商品を表現した文章や言葉がなかったか。記憶をたどってみる」(P14、眞木氏)
・「そのシーンに担当商品を置いて、自分が選ぶかどうか、アナログ的デジタル選択肢でアイディアの進路をつくる」(P15、眞木氏)
・「クリエイティブ・ディレクターとしてのぼくの仕事の原点、あるいは与えられた役割は、『視点』を設定すること」(P21、大島征夫)
・「人を貶め、心を傷つけるようなアイディアや企画ならば、やらないほうがいい。やはりアイディアは世の中の応援歌になるものであってほしい」(P25、同上)
・「生活のなかで受けたさまざまなショックについて、この視点で自分の感情の回路を整理しながら考えてみる」(P35、佐藤可士和)
・「そもそも何が不満なのか、競合他社の何がうらやましいのか、どういことをしたいのか」(P37、同上)
・「『自分にとって理想的なCMをいま見た』と仮定することからはじめます。それを見た自分はどういう感覚になって、どういう気持ちになるのか。その後味だけをまず思い浮かべてみる」(P41、多田琢)
・「人は貧しいという理由で死んではいけない。」(P85.岩崎俊一)
・「発見する作業のために、大切なことは何か。
それは、自分を世界一自由で、ニュートラルな存在にし、この世のどんなささいな刺激にも反応するというくらい、感覚を鋭敏にしておくこと。そして、自分が一消費者になりきり、どういってくれればそれが欲しくなるのか、に対する答えを、ムリヤリひねる出すのではなく、向こうからやってくるのを、ひたすら待つ」(P89.同上)
・「これからは、『世の中のためになっている』という視点が不可欠」(P100.大貫卓也)
・「『新しい発見』をすること」(P128.山本幸司)
・「人を動かさないものはアイディアではありません」(P134。同上)
・「意表をついた正論であること。それがアイディアのあるべき姿だと思う」(P136.岡康道)
・「アイディアは世の中に合わせようとする姿勢からは出てきません。やはり、『つぎ』を見せることを目指すべきです」(P.144、同上)
・「ぼくのアイディアはソリューションです」(P151.小沢正光)
・「すぐれたアイディアとは何なのか。それは誰でも考えることを見事にやってのけることです」(P155.同上)
・「人の心は外から人為的に書き込みをしたり、改ざんしたりできないでしょ。それだけに、もしそこに影響を与えることができたり、印象を残したりすることができるのであれば、それはすばらしい営みです」(P182.中村禎)
・「自分が関わっていなかったら、絶対に生まれないようなものをつくろう」(P186.児島令子)
・「アイディアは思い出すもの」(P201.杉山恒太郎)
・「イメージは心と身体をつなぐもの」(P226.竹山聖)

スティーブ・ジョブズ-偶像復活

スティーブ・ジョブズ-偶像復活
スティーブ・ジョブズ-偶像復活
By ジェフリー・S・ヤング、ウィリアム・L・サイモン 他

スティーブ・ジョブズって魅力的ですばらしいステキな人だと思ってたら違うんですね。
せこいはずる汚いは、あげくのはてに子どもを認知せずに捨てるわ。サイテーな人間。

でもそんな彼もだんだん年を取って家族を持って、人間が丸くなっていく。
そんな姿を読んだあとにMacWorldの講演ビデオを見るとなんとも言えず感慨深いです。

文章にかなり癖がある上に分厚いのでなかなか読みきるのが難しいですが、Appleについて知りたい人にはオススメです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。