スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報をオープンにするという感覚

梅田さんブログの引用2本目。

[コラム] アメリカの大学生のネットワーキングの凄さより:


そして皆、プライベートな情報の開示も含めて、旧世代には理解できないほどものすごくオープン。そして、おそろしいスピードで厖大な量の情報を皆がシェアする文化。


これを読んで、いままで会社の組織内で上層部からの情報が降りてこないことにものすごくフラストレーションを持っていたのだけれど、
上層部の各個人の資質じゃなくてジェネレーションギャップの問題じゃないかと感じた。

自分の上司はいずれも35歳前後。
世の中から見ればずいぶん若いし、
私より全然ネット業界もビジネスも詳しいのだけれども、
それとは別の次元で、情報の開示や共有に対する感覚が違う。

それは単純に組織を垂直で見るか水平で見るかの問題か、
もしくは自分が非力なので少しでも多くの情報を得たいだけなのかもしれないけれど。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。