スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
By 山田 真哉

評判どおり、わかりやすくも実感に基づいた平易な文章なので、会計素人の自分の目線で「ふむふむ」と読める。
この人のほかの会計本も読みたくなった。
ということで、入門書としては完璧な一冊。
(値段も安いし。新書の本領発揮といったところか)

以下、印象に残った言葉のメモ。
・「教科書は、魅力的であってもらいたい。魅力的になるのは、知識と学問のもっとも明朗で近づきやすい面を出して見せるときに限るのだ」(P7 ゲーテの言葉)
・「「同じくらいの価値があるモノ(現金や商品・サービス)同士を交換する」というあたりまえの原則を無視すると、商売はうまくいかない」(P52)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。