スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつ上のプレゼン。

ひとつ上のプレゼン。
ひとつ上のプレゼン。
By 眞木 準

姉妹本の「ひとつ上のアイディア」に比べると弱い。
アイディアが無から生み出すものであるのに対して、プレゼンはあるものをよりよく見せる・伝えるものだからだろう。

以下、印象に残った言葉。
・「『この仕事が成功すれば幸せになれる』という幻想。(中略)『もっといい結果が生まれるに違いない』という幻想も抱いてもらう」(P31.大島征夫)
・「広告のプレゼントは、相手の想像力にスイッチを入れて、完成物を思い描いてもらう時間」(P39.岡康道)
・「『プレゼンが迫ってきたらやることはひとつしかない。直前までもっといい企画はないのか考えることだ』」(P41.同上)
・「本当にプレゼンがうまい人は、必ずといっていいほど、この『覚悟』を持っています」(P59.中島信也)
・「取り繕っても仕方がなく、開き直って自分をさらけ出すしかない」(P63.同上)
・「関係としては相対していても、ホントは手をつないで同じ方向に歩いていくほうがいい」(P81.佐々木宏)
・「特別なエリートとして育てられ、世界のどこの舞台に立っても物怖じしない人」(P102.杉山恒太郎)
・「うまいと感じるものはとてもわかりやすい。いっていることのすべてが腑に落ちていく。そうだそうだと納得しながら進んでいく。そういう心地よさがある」(P163.岩崎俊一)
・「すっと文章に引きこまれ、語られていることがいちいち腑に落ち、生理的にキモチのいい納得の積み重ねがあり、なおかつ簡潔で、全体として人間の『幸せになりたい』という願望と呼応している」(P171.同上)
・「企画書では、日常つきあっているやさしい言葉しか使わない、ということも大切です」(P173.同上)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。