スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト

どんなものがでてくるのか気になりますー。ってことでテスト投稿。

明日はデートです。わくわく。映画とか見たいかなぁ。

via ありくい

どうしても表現せずにいられないもの

404 Blog Not Foundより

そう。表現というのは、本当は痛いのだ。

それでも表現せずにはいられない。表現せねばならないものがある。

これは確かに勉強せねばなるまい。時には命をかけてでも。



泣きたくなるくらい本当のことばだ。
なのに今自分の中にそれを探せないのはどうしてだろう。

表現したいのは自分自身。感情、思い、感覚、経験。
表現を求められているのは他人。世間、世の中、動き、他人の考え。そんなもの、分かるはずもないのに。

分からないものを表現できるはずがない。
できるのはただ描写のみ。
それさえもそばに寄り添っていなければできないのに。

仕事でお金をもらうとはどういうことか

名文。

「404 Blog Not Found」さんの例外処理=プロとアマの違いより。

実は、この「例外処理」こそが、プロとアマの違いなのだ。極論してしまえば、もうそれしかない、残っていない。

オープンソースプロジェクトで開発された成果物に対して、もはやオープンソースだからといって品質が低いという声はほぼ声を潜めた。それどころかプロ中のプロがそれを材料にしてプロによるサイト、プロによるサービスをどんどん立ち上げている。

我々は、やっと理解したのである。オープンソースが提供しないもの、それが例外処理であることを。そしてそのオープンソースがなしていないものを実装することこそが、プロとして振る舞うことなのだということを。

もちろん、およそオープンソースコードでも、例外用のAPIが用意されている。例外をどう発生させるのか(多くの言語はthrowだが、Perl5の場合はeval{ die ...})、発生した例外を処理する部分はどう宣言するのか(多くの言語はcatchだが、Perl5の場合はif($@){ ... })。しかし、この...の中身はあなたが書かなければならないのだ。そして、そこで起った問題の責任は、モジュールメンテナではなくあなたにある。

責任とは、想定されなかった事態が発生した時に誰が始末をつけるのかということなのだ。そしてそれを負う代わりに代金を頂くというのが、プロなのである。



この文章はそのままいろいろな職業のテンプレートになりそうだ。自分の職業も含め。

Google's Schmidt Clears The Air

梅田さんのブログ経由で読んでみた。
Google's Schmidt Clears The Air


Beyond advertising, the next growth area is likely to be where customers buy content, such as videos and books. In these areas, most of the revenue goes to the copyright holder, but services like Google take a cut.


広告の次に来る成長分野はビデオや書籍などのコンテンツ販売。ここで儲かるのはコンテンツホルダーだけど、グーグルみたいなサービスプロバイダもちょびっと持ってく。

これって、つまりドコモのiモードモデル。
モバイルビジネスモデルを海外に持っていくのをまごついてるうちに、広いネットの世界で持っていかれようとしている。それがFMCで大挙してモバイルの世界にきたらどうするんだろう?ヤフーのように。

・・・ま、ドコモはそれに対して「生活ケータイ」という名前で、持ち運べるモバイルならではの新しい世界を作ろうとしているし、多分それは日本で成功するんだけど、海外にまでスケールするのかはけっこうギモン。

といってもそもそもドメスティックな通信事業者にそこまで期待する方が無理があるんだけど、日本のほかのネット会社はなんで出来ていないんだろう?(楽天ダウンロードみたいにやろうとしているとこはたくさんあるけど)。このスケール感の違いは何なんだろう。

グーグルは「グーグルならなんでもある」というイメージを植えつけてしまった。日本ではヤフーが同じポジションにあることを考えると、やっぱりヤフーになっちゃうのかしら。

オンラインメディアの生きる道

最近知り合った編集者の方と話していて、
頭の整理がついたのでメモ。

ネットの物書き業界は市場の拡大が今後も見込めるわけですが、
一方でブログを初めとしたお手軽CMSの普及で参入障壁は
どんどん低くなっているわけで、
競争もこれまでのどのメディア業界よりも激しいわけです。

それに比べて、雑誌の場合はこれから市場の拡大は見込めないけれども、
印刷代や輸送費を考えるとコストが高い=参入障壁が高いので、
一定需要をマスメディアが取れる可能性がかなり高い。
(フリーペーパーもありますが、損益分岐を考えると一部の業界に限られると思われ。)

と考えると、この2つは同じ活字メディアでもビジネスモデルが全然違うわけです。

ネットの場合はやっぱりテクノロジーに力を入れて
根本的にコストをかけない方法に行かないと
成り立たないだろうなぁというのが最近の私の結論。

で、それだけの技術開発力をメディア企業が持てるのか?
というのが一番の悩みだったりします。
(資金的な問題と、経営陣の意識の問題として)

で、じゃぁ技術開発力のあるネット企業が、
文章の書ける人間を自社の人間として求めているか?というと、
現時点でそんなこともない。
多分物書きまわりの技術革新があと2-3年は少なくとも続くので、
その期間はあまりネット企業にいる物書きは日の目を見ないだろうというのが私の予測。

で、物書きとして生きていきたい私は、
どこにいて、どう生きるのがよりHAPPYなんだろう?と。

まぁ、多分結論はあんまり会社に依存しすぎないってことなんだろうとは思います。
それはどこにいても変わらない物書きの鉄則だろうし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。